調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2006年 > 価格弾力性の異質性を考慮したフィリップス曲線の推計

価格弾力性の異質性を考慮したフィリップス曲線の推計

2006年7月
代田 豊一郎*1

概要

 本稿は、経済主体間の需要価格弾力性に異質性を導入してニューケインジアン型のフィリップス曲線(NKPC)を導出し、わが国のデータを用いて実証分析を行った。分析結果によれば、(1)異質性を考慮したモデルは説明力が高く、標準的なNKPCは棄却される、(2)景気循環を通じた需要コンポーネントの変化に応じて、経済全体の価格の需要弾力性が変化し、望ましいマークアップ率がカウンターシクリカルに変動することが分かった。

キーワード:
ニューケインジアン型フィリップス曲線、異質性、需要の価格弾力性、マークアップ率

JEL Classification:
E31, E32

本稿の作成にあたっては、阿部修人助教授(一橋大学)、中嶋智之助教授(京都大学)、鎌田康一郎氏(日本銀行企画局)、調査統計局セミナー参加者、および日本銀行スタッフから多くの有益な示唆を得た。記して感謝したい。なお、論文の内容、意見、およびありうべき誤りは、筆者個人に属し、日本銀行あるいは調査統計局の公式見解を示すものではない。

  1. *1日本銀行調査統計局経済分析担当 E-mail: toyoichirou.shirota@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。