調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2006年 > 価格設定行動とハザード関数-CPIミクロデータを用いた実証分析-

価格設定行動とハザード関数

−CPIミクロデータを用いた実証分析−

2006年12月
池田大輔*1
西岡慎一*2

要旨

本稿は、消費者物価指数(CPI)のミクロデータを用いて、異質性を考慮した価格改定に関するハザード関数を推計し、ミクロの価格設定行動を明らかにする。実証分析の結果、第1に、識別されたタイプは複数存在し、強い異質性があることがわかった。識別されたタイプは、(1)毎四半期、価格を改定する伸縮型グループ、(2)増加型ハザード関数を持つグループ、(3)価格改定頻度が低いカルボ型グループ、(4)1年おきに定期的に価格を改定するテイラー型のグループに集約することができる。第2に、各国で報告されている減少型の経験的ハザードは、集計バイアスによるものである可能性が高い。実際、推計された複数のハザード関数から、集計された減少型ハザード関数を再生することができる。第3に、識別された増加型ハザード関数を持つタイプは、推計期間の2000年から2004年末に限定すると、時間依存型モデルで近似可能との結果を得た。

キーワード:
ハザード関数、状態依存型価格設定モデル、時間依存型価格設定モデル、有限混合モデル(Finite Mixture Model

本稿の作成にあたり、日本銀行スタッフほか、一橋大学マクロ金融セミナー参加者の方々から数多くの有益な示唆を受けた。記して感謝したい。もちろん、有り得べき誤りは全て筆者達に帰するものである。また、本稿に記された意見・見解は筆者達個人のものであり、日本銀行及び調査統計局の公式見解を示すものではない。

  1. *1日本銀行調査統計局 daisuke.ikeda@boj.or.jp
  2. *2日本銀行調査統計局 shinichi.nishioka@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。