調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2008年 > 米国とユーロ・エリアにおける金融政策とサンスポット変動

米国とユーロ・エリアにおける金融政策とサンスポット変動

2008年8月
廣瀬 康生*

要旨

本稿では、米国とユーロ・エリアの2国間に拡張されたニュー・ケインジアンDSGEモデルを、非決定な均衡の可能性も考慮したベイズ手法を用いて推計した。推計の結果、米国の金融政策がインフレ率に対して十分に反応していたとしても、ユーロ・エリアの政策が十分に反応していなかったために、経済全体の均衡は非決定であったことが示唆された。また、均衡が非決定な場合のインパルス・レスポンスは、均衡が唯一の場合と大きく異なることが示された。さらに、サンスポット・ショックは、ユーロ・エリアの経済変動に影響を与えていた一方、米国への波及は限定的であったことが分かった。

  • 日本銀行国際局 E-mail: yasuo.hirose@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。