調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2010年 > Contingent Capitalに関する一考察

Contingent Capitalに関する一考察

2010年8月
鎌田 康一郎 *1

要旨

Contingent Capital(CC)は、自己資本が毀損された場合に、自動的に自己資本に転換される債券である。本稿は、CCの発行金利の決定要因について分析するとともに、CCの発行が他の金融市場に及ぼす影響について議論する。分析結果によると、わが国の場合は、経済環境や金融機関のバランスシート構成を反映して、CCの金利が高水準になる可能性が高い。しかし、様々な工夫を凝らすことによって、金利水準を引き下げることは可能である。したがって、多くの銀行にCCの発行を促し、そのメリットを最大限に引き出すためには、CCの商品性を規制によって過度に限定することは望ましくない。ただし、CCは、商品性や発行条件によって、市場を不安定化する可能性があることには注意が必要である。また、CCの発行量を増やしても、銀行の破綻確率が小さくなるとは限らない。しかも、CCの最適な発行量は、期待成長率など様々な経済環境の変化に敏感に反応する。CCの導入を検討するには、こうした点にも留意が必要である。

本稿の作成過程で、日本銀行のスタッフから有益なコメントを頂戴した。この場を借りて、深く感謝の意を表したい。もちろん、あり得べき誤りは筆者に属する。なお、本論文の内容や意見は、筆者個人に属するものであり、日本銀行および金融機構局の公式見解を示すものではない。

  1. *1日本銀行金融機構局 E-mail : kouichirou.kamada@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。