統計

ホーム > 統計 > 統計の概要および公表予定 > 見直し・訂正等のお知らせ 2007年 > 企業物価指数に関する長期時系列データの提供拡充について

企業物価指数に関する長期時系列データの提供拡充について

2007年3月12日
日本銀行調査統計局

 今般、「時系列データ」コーナー「物価」の「卸売物価指数(WPI)(1995年基準以前のもの)」に、下記の時系列データ約14千系列注1を新たに掲載しましたので、お知らせします。

  1. (注1)各基準時点における「卸売物価指数」の指数体系に関しては、「企業物価指数の体系の変遷(概要)」をご参照下さい。
1960年基準指数
卸売物価指数、輸出入物価指数、卸売物価指数の用途別指数、輸出入物価指数の用途別指数
1965年基準指数
卸売物価指数、輸出入物価指数、卸売物価指数の用途別指数、輸出入物価指数の用途別指数
1970年基準指数
卸売物価指数、輸出入物価指数、卸売物価指数の用途別指数、輸出入物価指数の用途別指数
1975年基準指数
卸売物価指数、輸出入物価指数、卸売物価指数の用途別指数、輸出入物価指数の用途別指数
1980年基準指数
国内卸売物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数、需要段階別・用途別指数、総合卸売物価指数
1985年基準指数
国内卸売物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数、需要段階別・用途別指数、総合卸売物価指数
1990年基準指数
国内卸売物価指数、輸出物価指数、輸入物価指数、需要段階別・用途別指数、総合卸売物価指数
  1. (注2)基準時点をまたぎ同じ系列が存在する場合、両者を組み合わせ、その水準を調整することにより、接続指数を容易に試算することが出来ます。ご関心のある方は、物価指数のFAQ2-37をご参照下さい。

 すなわち、企業物価指数(CGPI)の前身に当たる「卸売物価指数(WPI)」の1990年基準以前の指数については、公表当時、紙ベースの資料が中心であったこともあり、これまでのところ、ホームページの「時系列データ」コーナーには、「類別」など上位分類指数(接続指数)等の掲載にとどまっていました。今回の拡充措置では、長期時系列データへの潜在的なニーズを踏まえ、膨大な「品目指数」などの提供を新たに行ったのが特徴点です注3

  1. (注3)本件は、1月30日に公表した「企業物価指数の基準改定に関する最終案 — 4・10月に公表した見直し案に対し頂戴したご意見と、それへの回答 — 」(38頁)の中で予めお知らせしていた内容です。なお、2月13日には、「企業物価指数の明治以来の基準改定ごとの改廃品目一覧の掲載について」をホームページに掲載しています。各基準改定に際して、新規採用された品目や廃止された品目が一覧できるようになっておりますので、上記指数と併せてご活用下さることもお薦めします。

 本件に関する照会は、調査統計局物価統計担当(TEL:03−3279−1111 内線4086)までお願いします。

以上