統計

ホーム > 統計 > 統計の概要および公表予定 > 見直し・訂正等のお知らせ 2008年 > 実質輸出入の2005年基準への移行および季節調整替えについて

実質輸出入の2005年基準への移行および季節調整替えについて

2008年3月26日
日本銀行調査統計局

 実質輸出入について、2005年基準への移行および季節調整替えを実施しましたのでお知らせします。データ始期(1975年1月)に遡って計数が改訂されておりますのでご注意下さい。

 今回の基準改定は、5年に1度定例的に実施しているもので、デフレーターの基準年はこれまでの2000年基準から2005年基準になります(詳しくは「実質輸出入の解説」を参照)。また、季節調整替えは、毎年、前暦年の貿易統計確定値公表(年間補正)後に実施する定例的なものです。季節調整モデル(X-12-ARIMA)のスペックは、輸出(112)(011)、輸入(011)(011)で、これまでと変わりありません。

以上