統計

ホーム > 統計 > 統計の概要および公表予定 > 見直し・訂正等のお知らせ 2016年 > 「デリバティブ取引に関する定例市場報告」、「外国為替およびデリバティブに関する中央銀行サーベイ(残高調査)」の公表計数の追加について

「デリバティブ取引に関する定例市場報告」、「外国為替およびデリバティブに関する中央銀行サーベイ(残高調査)」の公表計数の追加について

2016年8月26日
日本銀行金融市場局

日本銀行は、2016年6月末調査より、「デリバティブ取引に関する定例市場報告」および「外国為替およびデリバティブに関する中央銀行サーベイ(残高調査)」において、以下の項目を新たに公表することと致しましたので、お知らせ致します。詳細については、新公表フォーマット(定例市場報告)[ZIP 71KB]および新公表フォーマット(サーベイ)[ZIP 36KB]をご参照ください。

デリバティブ取引に関する定例市場報告

取引相手先別区分における「報告対象外金融機関」の内訳として、「セントラル・カウンターパーティ」を新たに設けます。

リスク・ファクター別区分において、「クレジット・デリバティブ(注)」および「その他デリバティブ」を新たに設けます。

  • 日本銀行では、本邦独自調査分として、1999年6月末調査から、クレジット・デリバティブの計数を商品別(「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」、「トータル・リターン・スワップ」、「クレジット・スプレッド商品」、「クレジット・リンク債」、「その他商品」)に公表してきました。
    このうちCDSについては、2004年12月末調査より、BIS集計の下、他の先進国も参加して、より詳細な計数を公表してきましたが、2016年6月末調査より、トータル・リターン・スワップ、クレジット・スプレッド商品についてもBIS集計の対象となりました。なお、「クレジット・リンク債」、「その他商品」については、「参考計数」の位置づけで本邦独自調査分の公表を継続いたします。

商品別区分における「外為関連取引」および「金利関連取引」の内訳として、「その他の商品」を新たに設けます。

外国為替およびデリバティブに関する中央銀行サーベイ(残高調査)

取引相手先別区分における「報告対象外金融機関」の内訳として、「セントラル・カウンターパーティ」を新たに設けます。

照会先

金融市場局総務課市場統計グループ

Tel : 03-3277-1236
E-mail : post.fmd13@boj.or.jp