日本銀行 にちぎんキッズ
お金のかち 物価の安定 インフレとデフレ どっちもこまる マトメ
インフレ、デフレという言葉を聞いたことがありますか?
どちらも安心してお金が使うことができない、とてもこまったじょうたいのことです。
1 インフレ(インフレーション)とは
 「インフレ」とは「インフレーション」の略で、いろいろなモノのねだんが上がり続けるじょうたいのことです。景気がよくなりすぎて、モノの売り買いやお金の動きがはげしくなると、買いたい人がふえてモノのねだんは上がります。
 では、インフレになるとどんなことが起きるでしょう。
1 お金の価値(かち)がどんどん下がる
 10枚切りの食パン200円が1週間で10倍の2000円になったとするとどうでしょう。
これまでは200円で10枚買えたのに、同じ200円ではたった1枚しか買えません。お金の価値が10分の1になったということです。これでは大変こまります。

 このように、お金の価値(かち)が下がってお金を安心して使えなくなると、だれもお金を信用できなくなります。
2 しょうらいの計画がたてにくくなる
 スナオくんは100万円の車を買おうと、毎月少しずつお金をためて銀行に100万円を預けました。ところが、いざ買おうとしたら、まったく同じ車が5000万円になっていて買えません。ショックですよね。モノのねだんが上がり続けると、計画をたてて何かを買おうとしても予定は立ちませんし、あずけておくだけでお金の価値(かち)がどんどんへってしまいます。

 このようなじょうたいでは、お金をためておくより、今のうちに何か買っておかなればと思う人がふえて、モノのねだんはさらに上がります。これでは、しょうらいの計画がたてられなくて、とてもこまりますね。
インフレのイメージ図
2 デフレ(デフレーション)とは
 一方、景気がわるく、モノの売り買いやお金の動きが落ちこむと、モノが売れないので、会社は売り上げをふやすためにモノのねだんを下げます。少しでも安くすることで、みんなに買ってもらおうと思うからです。
 このように、いろいろなモノのねだんが下がり続けるじょうたいのことを、「デフレーション」、略して「デフレ」といいます。
 モノのねだんが下がるのは、うれしいことのように思えますが、デフレになると、どんなことが起きるでしょうか。
1 景気がますますわるくなる
 スナオくんがココロちゃんのために、1年間ためたお金で10万円の指輪を買おうとしています。ところが同じ指輪のねだんは3万円に下がっていました。100円ショップのモノも、すべて20円になっています。

 デフレーションになると、同じお金でより多くのものが買えるので、スナオ君も最初は大喜びでした。

 ところが、デフレーションでは、会社の売り上げがへるので、はたらく人のお給料がへることもあります。スナオ君のお給料も下がってしまい、買い物はへらすことにしました。また、モノのねだんが下がっているときは、もっと下がってから、買い物をしようという人もでてきます。モノはますます売れないので、さらにモノのねだんは下がっていきます。
2 お金を借りている人はたいへんになる
 たとえば、同じ車のねだんが100万円から50万円にね下がりすると、100万円で買える車が、1台から2台にふえます。
 このようにモノのねだんが下がるときは、同じ金額で買えるモノの量がふえます。つまり、モノとくらべてのお金の価値(かち)がふえます。
 お金の価値(かち)がふえるのは、いいことのように思えますね。でも、そのお金が借金だったらたいへんです。借金の金額は同じ100万円でも、車1台分ではなくて、2台分の借金を返さなければいけなくなるからです。

 デフレのときには、モノのねだんが下がってもうけが少なくなったり、給料がへるので、借金を返すのはたいへんになります。すると、お金を返せない会社がふえるので、銀行はお金を貸しにくくなります。会社がお金を借りにくくなると、さらにモノの売り買いやお金の動き(経済活動)が落ちこんでいくのです。
デフレのイメージ図
Copyright Bank of Japan All Rights Reserved