公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 決済と日本銀行の役割 > 日本銀行は決済に関してどのような役割を果たしていますか?

質問日本銀行は決済に関してどのような役割を果たしていますか?

教えて!にちぎん

回答

決済システムが円滑かつ安定的に運行するようその機能を保つことは、日本銀行の目的の一つとなっています(日本銀行法第1条)。

このため、日本銀行は、資金の決済に関し、決済手段である銀行券や日本銀行当座預金を提供しているほか、証券の決済については、国債に関する国債振替決済制度や国債登録制度を運営しています。また、これらのシステムを安全かつ効率的に運営するための日本銀行金融ネットワークシステム(日銀ネット)を提供しています。

さらに、日本銀行は、決済システムの円滑かつ安定的な運行確保の観点から、各種民間決済システムの安全性、効率性の改善に向けた取り組みを促し、その実現に協力しています。

このように、日本銀行は、わが国の決済システムにおいて大切な役割を果たしています。

「教えて!にちぎん」の中の関連質問

参考