公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2017年 > バーゼル委が市中協議文書「簡素で、透明性が高く、比較可能な短期証券化商品の自己資本規則上の取扱い」を公表

バーゼル銀行監督委員会による市中協議文書「簡素で、透明性が高く、比較可能な短期証券化商品の自己資本規制上の取扱い」の公表について

2017年7月12日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(以下、「バーゼル委」)は、7月6日、「簡素で、透明性が高く、比較可能な短期証券化商品の自己資本規制上の取扱い」(原題:Capital treatment for "simple, transparent and comparable" short-term securitisations)と題する市中協議文書を公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

なお、本市中協議文書に対するコメントは、2017年10月5日までにバーゼル委宛に英文でご提出ください。