公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 用語解説 > コール市場

コール市場

教えて!にちぎん

コール市場とは、元々はその名の由来(money at call、呼べば直ちに戻ってくる資金)が示すように、金融機関が日々の短期的な資金の過不足を調整するための取引を行う場のことです。
銀行、信託銀行、信用金庫、投資信託、証券会社、保険会社、および取引の仲介業者である短資会社などが取引に参加しています。
取引形態としては、(1)担保付の取引(有担保コール)と無担保の取引(無担保コール)、(2)短資会社を経由する取引と経由しない取引(ダイレクトディール (DD) )があります。
また、取引期間には(1)翌日物(取引期間1営業日)と(2)期日物・ターム物(取引期間が2営業日以上1年以下)、受渡日には(1)当日物(即日スタート)と(2)先日付物があります。
無担保コール市場では、約定日に資金の受渡を行い(即日スタート)、翌営業日を返済期日とする(翌日物)、無担保コールオーバーナイト物が取引の中心となっています。