公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2006年 > バーゼル銀行監督委員会によるペーパー「バーゼルIIの効果的な実施のための母国・現地当局間での情報共有」の公表について

バーゼル銀行監督委員会によるペーパー「バーゼルIIの効果的な実施のための母国・現地当局間での情報共有」の公表について

2006年6月6日
日本銀行

 バーゼル銀行監督委員会は、6月2日、「バーゼルIIの効果的な実施のための母国・現地当局間での情報共有」(原題:Home-host information sharing for effective Basel II implementation)と題するペーパーを公表しました。

 本ペーパーは、国際的に活動する銀行の母国当局及び現地当局が、バーゼルIIをクロスボーダーで実施していく上で必要な情報を円滑に共有していくための一般的な諸原則を盛り込んだものであり、バーゼル銀行監督委員会が、同委員会のメンバー国以外の16ヶ国の監督当局とともに検討を進めてきたものです。

 今回公表されたペーパーは、昨年11月に公表された市中協議ペーパーに対して寄せられたコメントを踏まえた最終版です。

以上