公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2006年 > バーゼル銀行監督委員会による、「実効的な銀行監督のためのコアとなる諸原則」(バーゼル・コア・プリンシプル)改定版の公表について

バーゼル銀行監督委員会による、「実効的な銀行監督のためのコアとなる諸原則」(バーゼル・コア・プリンシプル)改定版の公表について

2006年10月10日
日本銀行

 バーゼル銀行監督委員会は10月5日、「実効的な銀行監督のためのコアとなる諸原則」(原題:Core Principles for Effective Banking Supervision)および「コア・プリンシプル・メソドロジー」(原題:Core Principles Methodology)と題する文書を公表しました。これら2文書は、1997年9月および1999年10月にそれぞれ同委員会が公表した同名の文書の改定版です。

 なお、本年4月6日には両文書の市中協議案が公表されており、今回公表された最終版には市中協議期間中に寄せられたコメントの一部が反映されています。

以上