公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2007年 > バーゼル銀行監督委員会による「オペレーショナル・リスクの先進的計測手法(AMA)に関わる母国・現地における監督当局の協力及び所要自己資本配分手法のための諸原則」(市中協議案)の公表について

バーゼル銀行監督委員会による「オペレーショナル・リスクの先進的計測手法(AMA)に関わる母国・現地における監督当局の協力及び所要自己資本配分手法のための諸原則」(市中協議案)の公表について

2007年2月9日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(バーゼル委員会)は、2月7日、市中協議案「オペレーショナル・リスクの先進的計測手法(AMA)に関わる母国・現地における監督当局の協力及び所要自己資本配分手法のための諸原則」を公表しました。本協議案に対するコメントの募集期間は2007年4月18日迄となっています。

同ペーパーは、(1)銀行監督当局間の情報共有に関して、公表済みのペーパー「バーゼルIIの効果的な実施のための母国・現地当局間での情報共有」(2006年6月)の内容をAMA実施の観点から補完する部分と、(2)配分手法に関して、公表済みペーパー「先進的計測手法(AMA)を用いて計算したオペレーショナル・リスクに係る所要自己資本の母国・現地における認識のための諸原則」(2004年1月)の内容を解説する部分により成り立っています。

本協議案の原文(外部サイトへのリンク)はBISのウェブサイトで入手可能です。

以上