公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2007年 > アルプス中央信用金庫の考査契約違反行為に関する事実の公表について

アルプス中央信用金庫の考査契約違反行為に関する事実の公表について

2007年7月27日
日本銀行

  1. 2005年8月から9月にかけてアルプス中央信用金庫に対して考査を実施した際、同庫が「考査に関する契約」(以下「考査契約」)に違反し、求められた資料の提出に関して虚偽の情報を提供した事実がありましたので、考査契約第13条第1項に基づき、これを公表します。
  2. 同庫が行っていた考査契約違反行為の内容は以下の通りです。
    日本銀行が、考査の事前提出資料として同庫に作成・提出を求めた、事故および不正事件に関する調査資料について、同庫が不正事件として認識していたものが、大口現金過不足事故として記載され提出された(考査契約第13条第1項第6号の「虚偽の情報を提供した場合」に該当)。
  3. 考査先金融機関と日本銀行の間の相互信頼と協力関係は、日本銀行が日本銀行法に定められた考査の責務を果たしていく上での大前提であり、これらの金融機関と日本銀行との取引関係全般を支える重要な基礎ともなるものです。こうした点に鑑みれば、上記のような行為は日本銀行として看過しえない、非常に遺憾な行為であったと言わざるを得ません。
  4. 同庫は、既に、法令等遵守態勢および経営管理態勢の確立・強化に向けて取り組む方針を明らかにしているほか、経営陣の刷新を行っています。新しい経営体制の下で、今回の事態を生む背景となった経営上の問題を解消し、経営管理・内部管理態勢の確立を図ることが、事態の再発防止に不可欠であると同時に、同庫が今後適切な経営、業務運営を行っていく上で極めて重要です。
    このため、日本銀行では、本日、同庫に対して、経営管理・内部管理態勢の改善策とその実施状況につき、別途報告するよう要請しました。
  5. 日本銀行としては、今回判明した事実関係を重く受け止め、厳正な考査の実施に努めるとともに、万一、考査先金融機関が重大な考査契約違反行為に及んだ際には、こうした事実の公表や、場合によっては取引関係の見直し等によって厳正に対処する所存です。

本件に関する照会先

日本銀行 金融機構局

代表 03-3279-1111
鹿島(内線6251)
山邊(内線6475)