公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2007年 > 学生向けコンテスト「第3回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」決勝の結果

学生向けコンテスト「第3回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」決勝の結果

2007年12月15日
日本銀行

 本日、大学生を主な対象とする金融経済分野の小論文・プレゼンテーションのコンテスト「第3回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」の決勝を、日本銀行本店で実施しました。

 決勝では、書類審査を通過した5チームによるプレゼンテーションおよび審査員との質疑応答が行われ、その結果、以下の通り最優秀賞、優秀賞、敢闘賞が選ばれました。

 なお、この5チームの応募作品の全文および講評は、後日、日本銀行ホームページに掲載する予定です。

【最優秀賞】

最優秀賞(敬称略)
受賞チーム タイトル
笠原 晃恭 (東京大学教養学部)
川井 悠莉 (東京大学教養学部)
藤崎 美沙 (東京大学教養学部)
中村 仁  (東京大学教養学部)
子ども未来投資基金
~ 支える金融、つなぐ金融 ~

【優秀賞】

優秀賞(敬称略)
受賞チーム タイトル
渡辺 美智隆 (慶應義塾大学法学部)
清水 勇作  (慶應義塾大学法学部)
続編ファンドの提案
 ~消費者を投資家に ─コンテンツ産業成長の糸口~
有路 千悠 (明治大学商学部)
小林 裕史 (明治大学商学部)
末松 裕子 (明治大学商学部)
遠矢 真央 (明治大学商学部)
金融商品取引法「適合性の原則」確認サイトの構築
 ~Web2.0で広がる金融の世界~

【敢闘賞】

敢闘賞(敬称略)
受賞チーム タイトル
宮嶋 達也 (香川大学経済学部)
永野 孝好 (香川大学経済学部)
川西 秀一 (香川大学経済学部)
四国地域の夢ある「新産業創造企業」創出の提言!
“金融機関は四国地域の産業・経済を活性化させるキーマン”
古川 慎悟 (慶應義塾大学経済学部)
中平 健太 (慶應義塾大学経済学部)
Venture for the Future
~マイクロクレジット型金融の可能性~

【審査員】

審査員長:
岩田 一政(日本銀行副総裁)
審査員:
高橋 伸子  (生活経済ジャーナリスト)
林野 宏  (経済同友会副代表幹事)
須田 美矢子(日本銀行政策委員会審議委員)
野田 忠男 (日本銀行政策委員会審議委員)

本件に関する問合せ先

日本銀行情報サービス局 総務企画担当

重茂(おもい) (直通03-3277-2405)

以上