公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2009年 > バーゼル銀行監督委員会によるバーゼルIIの枠組みの強化に関する市中協議文書の公表について

バーゼル銀行監督委員会によるバーゼルIIの枠組みの強化に関する市中協議文書の公表について

2009年1月19日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(以下「バーゼル委」といいます。)は、1月16日、バーゼルIIの枠組みの強化に関する、以下の3つの市中協議文書を公表しました。

  1. 「バーゼルIIにおけるマーケット・リスクの枠組みに対する改訂」(原題:Revisions to the Basel II market risk framework
  2. 「トレーディング勘定における追加的リスクにかかる自己資本の算出のためのガイドライン」(原題:Guidelines for computing capital for incremental risk in the trading book
  3. 「バーゼルIIの枠組みの強化案」(原題:Proposed enhancements to the Basel II framework

これらの市中協議文書は、今般の国際金融市場の危機において、複雑な金融商品の取扱いなどに係るバーゼルIIの枠組みをより適切なものとする必要性が認識されたことを踏まえ、バーゼルIIの一部見直しを提案するものです。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  1. (注1)1月20日に追加掲載しました。
  2. (注2)4月1日に追加掲載しました。

なお、1.および2.に対するコメントは2009年3月13日までに、3.に対するコメントは2009年4月17日までに、それぞれバーゼル委宛に英文でご提出ください。

以上