公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2020年 > FSBが「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がグローバルな金利指標改革にもたらす影響に関するステートメント」を公表

金融安定理事会による「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がグローバルな金利指標改革にもたらす影響に関するステートメント」の公表について

2020年7月3日
日本銀行

金融安定理事会(FSB)は、7月1日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がグローバルな金利指標改革にもたらす影響に関するステートメント」(原題:FSB statement on the impact of COVID-19 on global benchmark reform)と題するプレス・リリースを公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

関連サイト : 金融安定理事会ウェブサイト(外部サイトへのリンク)