公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2020年 > GHOSがバーゼル委の今後の作業(含む新型コロナ対応)を承認

プレス・リリース「中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループは、新型コロナウイルス感染症のグローバルな銀行システムに対するリスクを軽減するために継続中の協調的なアプローチにコミットし、バーゼル銀行監督委員会による作業の将来の方向性を承認」の公表について

2020年12月1日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会の上位機関である中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループは、11月30日、「中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループは、新型コロナウイルス感染症のグローバルな銀行システムに対するリスクを軽減するために継続中の協調的なアプローチにコミットし、バーゼル銀行監督委員会による作業の将来の方向性を承認」と題するプレス・リリースを公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • 2020年12月4日に追加掲載しました。