公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2020年 > バーゼル委とCPMIが共同レター「外為決済リスクを管理するための監督上の指針とグローバル外為行動規範」を公表

バーゼル銀行監督委員会とBIS決済・市場インフラ委員会による共同レター「外為決済リスクを管理するための監督上の指針とグローバル外為行動規範」の公表について

2020年12月23日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会とBIS決済・市場インフラ委員会は、12月18日、「外為決済リスクを管理するための監督上の指針とグローバル外為行動規範」(原題:Supervisory Guidance on managing FX settlement risk and the Global FX Code)と題する共同レターを公表しました。

本レターは、2013年2月に公表された「外為取引の決済に関連するリスクを管理するための監督上の指針」(原題:Supervisory guidance for managing risks associated with the settlement of foreign exchange transactions)と、2018年8月に公表された「グローバル外為行動規範」(原題:FX Global Code)の遵守を改めて促すものです。

詳細につきましては、以下をご覧ください。