公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2021年 > 東大・日銀 第9回共催コンファレンス「ウィズコロナ・ポストコロナの日本経済」

東京大学金融教育研究センター・日本銀行調査統計局
第9回共催コンファレンス
「ウィズコロナ・ポストコロナの日本経済」

2021年11月29日
日本銀行調査統計局

議論の概要は、後日、当ウェブサイト上に掲載予定です。

開催日
2021年11月29日(月)
開催方式
オンライン形式

プログラム

9:00-9:05
  • 開会の辞     貝塚 正彰 日本銀行理事

基調講演

9:05-9:35
  • コロナ禍の経済的計測
    講演者
    岩本 康志 東京大学教授

導入セッション

9:35-10:15
  • ウィズコロナ・ポストコロナの日本経済
    報告者
    八木 智之 日本銀行調査統計局企画役

第1セッション

  
  • 座長  若田部 昌澄 日本銀行副総裁
10:15-11:15
11:15-12:15
  • 在宅勤務と就業構造:在宅勤務が家計内役割分担とジェンダー規範に与える影響
    報告者
    川口 大司 東京大学教授
    原 ひろみ 日本女子大学准教授
    指定討論者
    滝澤 美帆 学習院大学教授
12:15-13:35
  • 休憩

第2セッション

  
  • 座長  柳川 範之 東京大学教授
13:35-14:35

第3セッション

  
  • 座長  宇南山 卓 京都大学教授
14:35-15:45
  • コロナ禍におけるオフィス出社の実態と地域特性
    報告者
    佐久間 誠 株式会社ニッセイ基礎研究所 准主任研究員
  • Online Consumption During and After the COVID-19 Pandemic: Evidence from Japan (外部サイトへのリンク)
    報告者
    大森 悠貴 株式会社ナウキャスト データサイエンティスト
    渡辺 努  東京大学教授
  • オルタナティブデータを用いたオンライン消費動向の分析
    報告者
    中島 上智 日本銀行調査統計局企画役
15:45-16:00
  • 休憩

総括討議

16:00-18:00
モデレーター
渡辺 努   東京大学教授   資料 [PDF 38KB]
パネリスト
植杉 威一郎 一橋大学教授   資料 [PDF 1,352KB]
福田 慎一  東京大学教授   資料 [PDF 993KB]
宮川 努   学習院大学教授  資料 [PDF 1,940KB]
亀田 制作  日本銀行調査統計局長 資料 [PDF 787KB]
18:00-18:15
閉会の辞
植田 和男  共立女子大学教授・東京大学名誉教授
司会進行
長野 哲平  日本銀行調査統計局経済調査課長
  • 導入セッションは、プレゼンテーション30分、フロア討議(報告者の応答を含む)10分です。第1~2セッションは、プレゼンテーション30分、指定討論者の報告15分、フロア討議(報告者の応答を含む)15分です。第3セッションは、プレゼンテーション各15分のあと、フロア討議(報告者の応答を含む)を25分行います。

お問い合わせ先

調査統計局経済分析グループ

Tel : 03-3277-2865