公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2022年 > バーゼル委が「比例適用に関するハイレベルな考慮事項」を公表

バーゼル銀行監督委員会による「比例適用に関するハイレベルな考慮事項」の公表について

2022年7月8日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(以下、「バーゼル委」)は、7月7日、「比例適用に関するハイレベルな考慮事項」(原題:High-level considerations on proportionality)と題する文書を公表しました。

銀行規制と監督における比例適用は、銀行のシステミックな重要性及びリスク特性と整合的な規則や監督実務を認める考え方であり、「実効的な銀行監督のためのコアとなる諸原則」(バーゼル・コア・プリンシプル)にも組み込まれています。

本文書は、比例適用の実態に関する2019年2021年の調査結果等を踏まえ、各国当局による比例適用の実施を実務的に支援する目的で作成されたものです。このため、本文書は、情報提供を目的としており、新しい基準やガイドライン等を導入するものではありません。

詳細につきましては、以下をご覧ください。