調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2005年 > 「物価の先行きに対する見方」の指標

「物価の先行きに対する見方」の指標

2005年 3月30日
企画局
二宮拓人
上口洋司

日本銀行から

 日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するものです。ただし、レポートで示された意見や解釈に当たる部分は、執筆者に属し、必ずしも日本銀行の見解を示すものではありません。

 内容に関するご質問は、日本銀行企画局 加藤までお寄せ下さい。

 以下には、(要旨)を掲載しています。全文は、こちら (rev05j05.pdf 90KB) から入手できます。

要旨

近年、わが国では、様々な経済主体が有する「物価の先行きに対する見方」を観察することができる指標が拡充されてきた。こうした指標は、まだ十分なデータの蓄積がないものも多いが、今後データの蓄積が進み、これを踏まえた実証分析などが充実していけば、経済・物価情勢を適切に把握し、金融政策を運営していく上でも、その有用性が高まっていくと期待される。