調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2020年 > (日銀レビュー)本邦金融機関の海外クレジット投融資の動向

本邦金融機関の海外クレジット投融資の動向―日本銀行と金融庁の合同調査を踏まえた整理―


2020年6月2日
日本銀行金融機構局
金融庁監督局

要旨

近年、米欧では、レバレッジド・ローンと、これを裏付け資産とする証券化商品であるCLOの市場が拡大しており、本邦金融機関による保有残高も拡大してきた。昨年来、日本銀行と金融庁は、本邦金融機関におけるこうした海外クレジット投融資の実態についてきめ細かく把握し、金融機関における適切なリスク管理を確保するとともに、その金融安定面への影響に関する適正な評価の共有を図ることを目的として、合同調査を行っている。本稿では、初回調査の結果に基づき、特にエクスポージャーの大きい大手行の投融資の規模や特徴について整理を行った。

日本銀行から

日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するために、日本銀行が編集・発行しているものです。
内容に関するご質問等に関しましては、日本銀行金融機構局金融第1課(代表03-3279-1111)までお知らせ下さい。