調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日銀レビュー・シリーズ 2021年 > (日銀レビュー)ESG投資の発展に向けた実務的な課題とその克服に向けた取り組み

ESG投資の発展に向けた実務的な課題とその克服に向けた取り組み

2021年11月30日

金融市場局 森駿介、長谷部光*、石川篤史
*現・金融機構局

要旨

近年、環境・社会・ガバナンスといった要素を投資判断に組み込むESG投資がグローバルに拡大している。わが国においてもESG投資残高は増加しているが、まだ発展の途上にある。市場参加者からの指摘をもとに、わが国におけるESG投資の発展に向けた実務的な課題を整理すると、(1)企業のESG情報開示の拡充、(2)ESG評価に関する透明性向上、(3)ESG投資における投資目線の確立、の3つにまとめることができる。本稿では、3つの課題の現状と、課題克服に向けた最近の取り組みを紹介する。

日本銀行から

日銀レビュー・シリーズは、最近の金融経済の話題を、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として、平易かつ簡潔に解説するために、日本銀行が編集・発行しているものです。
内容に関するご質問等に関しましては、日本銀行金融市場局総務課 (代表03-3279-1111)までお知らせ下さい。