調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2011年 > (論文)アジア金融市場の連関

アジア金融市場の連関

:マクロと金融の不一致

2011年8月
藤原一平*1
高橋耕史*2

全文掲載は、英語のみとなっております。

要旨

本稿では、Diebold and Yilmaz (2009)によって提案されたSpillover Indexを用いて、「アジアの金融市場が、互いに、そして、先進国の金融市場とどのように連関しているのか」、「アジアの金融市場および実体経済活動の変動の源泉はどこにあるのか」、といった点を明らかにする。株式市場については、G3、 NIEs、ASEAN4といったグループに分けてみても、それぞれのグループ内での連動性の変遷は、非常に似通ったものとなっており、これら地域の株価変動が、主に世界共通の要因を映じたものであることがわかった。さらに、株や国債といった金融市場においては、米国が変動の源泉となっている一方、鉱工業生産については、近年、中国が変動を主導する傾向が強まっていること、すなわち、変動の源泉がマクロと金融では異なる可能性があることもわかった。

  1. *1日本銀行金融市場局 E-mail : ippei.fujiwara@boj.or.jp
  2. *2日本銀行総務人事局(カリフォルニア大学サンディエゴ校留学中)

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。