調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2012年 > (論文)ソブリンCDSプレミアムの要因分解

ソブリンCDSプレミアムの要因分解

2012年9月3日
池田慧*1
平木一浩*2
山田健*3

要旨

本稿では、ソブリンCDSが含む各国の信用リスクに関する情報を抽出し、その特性を分析する。ソブリンCDSプレミアムには各国の信用リスクの他にリスク・プレミアムが含まれているが、本稿では誘導型アプローチによりソブリンCDSプレミアムを信用リスクに対応した「信用リスク要因」と「リスク・プレミアム要因」に分解し、それぞれの特徴を考察した。分析の結果、各年限のソブリンCDSプレミアムの変動は、平行移動を表す1つの要因でほとんどが説明されること、ソブリンCDSプレミアムにはリスク・プレミアム要因が相応に含まれており、その変動を考慮せずにデフォルト確率を推計すると過大評価になること、リスク・プレミアム要因の水準は国や時期により異なること、リスク・プレミアム要因を考慮して抽出した信用リスク要因はそれを考慮しない場合と比べ期間構造の形状が異なり得ることなどがわかった。日本、欧州、米国のリスク・プレミアム要因は互いに連動していて、特に欧州から米国、日本への影響が高い。また、各国のリスク・プレミアム要因はそれぞれの国の経済変数とも連動し、特に欧州周縁国では株価や長期金利と連動していることもわかった。

キーワード
ソブリンCDSプレミアム、信用リスク要因、リスク・プレミアム、グレンジャー因果性検定

  1. *1日本銀行金融市場局 E-mail : kei.ikeda@boj.or.jp
  2. *2日本銀行横浜支店 E-mail : kazuhiro.hiraki@boj.or.jp
  3. *3日本銀行国際局 E-mail : takeshi.yamada@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。