調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2014年 > (論文)日本は今なお熟練労働集約的な財を純輸出しているか?

日本は今なお熟練労働集約的な財を純輸出しているか?

2014年1月31日
清田耕造*1

要旨

日本は今なお熟練労働集約的な財を純輸出しているのだろうか?本論文は、この疑問を、ヘクシャー=オリーン・モデルの要素コンテンツ・アプローチにもとづき、1980年から2009年までの過去30年のデータを用いて明らかにしようと試みたものである。分析には、経済産業研究所が整備する日本産業生産性データベース(JIP データベース)を利用した。結果は衝撃的である。1980年から2009年までの間、日本は一貫して熟練労働集約的な財を純輸出していることが明らかになった。ただし、その程度は1994年をピークに低下を続けており、2000年代は既に1980年代の水準を下回っていることも明らかになった。これらの結果は、日本が熟練集約的な財に対する比較優位を失いつつあることを示唆している。

本稿は、東京大学金融教育研究センター・日本銀行調査統計局第5回共催コンファレンス「グローバル化と日本経済の対応力」(2013年11月28日)における報告論文を加筆・修正したものです。本論文を作成するにあたり、コンファレンスの指定討論者である伊藤匡氏(日本貿易振興機構アジア経済研究所)、およびコンファレンスの参加者から貴重なコメントを頂戴しました。また、慶應義塾大学産業研究所のセミナー(2013年11月11日)において、野村浩二氏(慶應義塾大学産業研究所)、三橋平氏(慶應義塾大学商学部)、宮川幸三氏(慶應義塾大学産業研究所)からも有益なコメントを頂戴しました。記して謝意を表します。なお、本論文に残る全ての誤りは、筆者に帰するものです。

  1. *1慶應義塾大学産業研究所 E-mail : kiyota@sanken.keio.ac.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。