調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2020年 > (論文)エンゲル曲線に基づいた日本のインフレ率に関する考察

エンゲル曲線に基づいた日本のインフレ率に関する考察

2020年3月23日
小黒曜子*

要旨

本稿では、エンゲル曲線を用いたマクロ的なアプローチにより、日本における生計費の上昇率を推定し、その結果を消費者物価指数でみた公式インフレ率と比較した。分析の結果、エンゲル曲線から推定されたインフレ率は、1985年から2013年前後までは公式インフレ率よりも低かった一方で、2013年前後以降は公式インフレ率よりも高かったことが示された。本稿の分析は、エンゲル曲線の安定性を前提とし、いくつかの仮定に依存している点には留意が必要であるが、分析結果は代替的なデータ等に対しても概ね頑健であった。

本稿は、東京大学金融教育研究センター・日本銀行調査統計局による第8回共催コンファレンス「近年のインフレ動学を巡る論点:日本の経験」(2019年4月15日開催)での報告論文を改訂したものである。
本研究は、宮田研究奨励金の助成を受けている。本稿の執筆にあたり、日本銀行金融研究所の関根敏隆氏、慶応義塾大学の白塚重典氏、日本銀行決済機構局の宇野洋輔氏、調査統計局の奥田達志氏、桜健一氏、中島上智氏、国際決済銀行のAndrew Filardo氏には大変有益なコメントを頂いた。また、東京大学金融教育研究センター・日本銀行調査統計局・第8回共催コンファレンスへの参加者からも多くのコメントを頂いた。ここに記して感謝の意を表したい。ただし、あり得るべき誤りは、全て筆者個人の責任に帰するものである。なお、本稿の内容と意見は筆者の個人的な見解を示すものであり、日本銀行の公式見解を示すものではない。

  • 明海大学 経済学部 E-mail : yoguro@meikai.ac.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。