調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2022年 > (論文)わが国における物価変動 ―感染症下における変化と先行きの論点―

わが国における物価変動
―感染症下における変化と先行きの論点―

2022年9月30日
池田周一郎*1
稲次春彦*2
喜舎場唯*3
近藤卓司*4
桜健一*5
高富康介*6
中澤崇*7
山田琴音*8

要旨

最近の物価動向をみると、米欧では、経済活動が再開するもとで、資源価格上昇の影響もあって、物価が大幅に上昇している。わが国でも、米欧ほどではないものの、財価格を中心にインフレ率が高まっている。本稿では、こうした最近のわが国の物価動向の特徴やその先行きについての議論を深めていくため、(1)感染症拡大前のわが国のインフレ動学の特徴を主にフィリップス曲線の枠組みを用いてまとめたうえで、(2)最近の物価動向の変化や特徴を確認し、(3)先行きの論点を整理する。本稿での事実整理に基づくと、わが国の物価の先行きについて議論を深めていくためには、わが国で特徴的なサービス価格の粘着性や名目賃金の硬直性、インフレ予想の不確実性等について、分析を積み重ねていくことが重要と考えられる。

JEL 分類番号
E30、E31、J30

キーワード
フィリップス曲線、コストプッシュ、価格粘着性、インフレ予想、賃金

本稿の内容は、日本銀行の「コロナ禍における物価動向を巡る諸問題」に関するワークショップ・第2回「わが国のフィリップス曲線とコスト転嫁」(2022年5月30日)の第2セッションにて発表された。本稿の作成にあたっては、青木浩介氏、阿部修人氏、亀田制作氏、小林慶一郎氏、新谷元嗣氏、陣内了氏、敦賀貴之氏、仲田泰祐氏、渡辺努氏および日本銀行のスタッフから有益なコメントを頂戴した。記して感謝の意を表したい。ただし、残された誤りは筆者らに帰する。なお、本稿の内容や意見は、筆者ら個人に属するものであり、日本銀行の公式見解を示すものではない。

  1. *1日本銀行調査統計局 E-mail :shuuichirou.ikeda@boj.or.jp
  2. *2日本銀行調査統計局 E-mail : haruhiko.inatsugu@boj.or.jp
  3. *3日本銀行調査統計局 E-mail : yui.kishaba@boj.or.jp
  4. *4日本銀行調査統計局(現・総務人事局) E-mail : takuji.kondou@boj.or.jp
  5. *5日本銀行調査統計局(現・金融市場局) E-mail : kenichi.sakura@boj.or.jp
  6. *6日本銀行調査統計局 E-mail : kousuke.takatomi@boj.or.jp
  7. *7日本銀行調査統計局(現・企画局) E-mail : takashi.nakazawa@boj.or.jp
  8. *8日本銀行調査統計局(現・政策委員会室)E-mail : kotone.yamada@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。