統計

ホーム > 統計 > 統計の概要および公表予定 > 見直し・訂正等のお知らせ 2020年 > 時系列統計データ検索サイトにおける「直接投資残高地域別(対内)(最終投資家ベース)」の公表計数拡充について

時系列統計データ検索サイトにおける「直接投資残高地域別(対内)(最終投資家ベース)」の公表計数拡充について

2020年6月8日
日本銀行国際局

日本銀行では、本日、時系列統計データ検索サイトで公表している「本邦対外資産負債残高(年次)」の参考計数である「直接投資残高地域別(対内)(最終投資家ベース)」(注1)について、最終的な支配力を有する投資家(最終投資家)の所在国(注2)に「日本」を追加しました(収録開始期:2018年末)。新たに「日本」を加えた全系列の名称とデータコードは一覧表[XLSX 15KB] をご覧ください。

「日本」は、本邦の投資家(最終投資家)が資金を海外に振り向け、この資金が海外親会社より、直接投資の形で本邦関連会社(投資受入先)へ投資される、いわゆるラウンドトリッピング(最終投資家と投資受入先の所在国が同一)のデータとなります。

なお、これまで、最終投資家ベースにおける、「日本」のデータについては、対内直接投資の合計には含まれておりましたが、アジア地域合計には含まれておりませんでした。このたび、「日本」を個別の国として公表するとともに、2018年末残高より、アジア地域の合計にも含める扱いとしました。

  1. (注1)「本邦対外資産負債残高」の直接投資とは、計上原則が異なります。詳しくは、「直接投資データの計上原則について」をご覧ください。
  2. (注2)具体的には、以下の基準により所在国を判断します。
    1. (1)本邦関連会社の海外親会社(A)に対して議決権の過半数を有する投資家がいない場合は、Aの所在国
    2. (2)Aに対して議決権の過半数を有する投資家(B)がおり、かつBに対してさらに議決権の過半数を有する投資家がいない場合は、Bの所在国
    3. (3)Bに対して議決権の過半数を有する投資家(C)がいる場合は、Cの所在国

照会先

国際局国際収支課国際収支統計グループ

E-mail : boj-bop@boj.or.jp