金融システム

ホーム > 金融システム > マクロ・プルーデンス

マクロ・プルーデンス

マクロ・プルーデンスとは、金融システム全体のリスクの状況を分析・評価し、それに基づき制度設計、政策対応を図ることを通じて、金融システム全体の安定を確保することを言います。日本銀行はマクロ・プルーデンス面で様々な取り組みを行っています。

マクロ・プルーデンス面での取組み

日本銀行のマクロ・プルーデンス面での考え方と取り組みに関する公表資料です。

表 公表資料
掲載日資料名
2011年10月18日 日本銀行のマクロプルーデンス面での取組み [PDF 207KB]

金融システムレポート

わが国金融システムの安定性を評価するとともに、安定確保に向けた課題について関係者とのコミュニケーションを深めることを目的として、年2回公表しているものです。