調査・研究

ホーム > 調査・研究 > ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ > 日本銀行ワーキングペーパーシリーズ 2019年 > (論文)ハイブリッド型日本経済モデルQ-JEM: 2019年バージョン

ハイブリッド型日本経済モデルQ-JEM: 2019年バージョン

2019年6月26日
平形尚久 *1
菅和聖 *2
金藤章浩 *3
城戸陽介 *4
喜舎場唯 *5
村越智文 *6
篠原武史 *7

全文掲載は、英語のみとなっております。

要旨

本稿では、一上他(2009)が開発し、Fukunaga et al. (2011)が更新したマクロ経済モデル「Quarterly Japanese Economic Model (Q-JEM)」の最近(2019年6月)のバージョンを紹介する。Q-JEMは、日本経済の大規模ハイブリッド型モデルであり、国民経済計算の支出側項目のほか、各種の金融関連の変数なども取り込んでいる。動学的一般均衡モデル(DSGEモデル)と比較すると、Q-JEMは、経済理論との整合性に考慮しつつも、データへのフィットを重視している。また、モデルの利用可能性の向上のため、論文中のシミュレーション結果を再現可能なファイルを参考資料として公表する。

キーワード
マクロ経済モデル、日本経済

JEL 分類番号
E17、E37

本稿の作成に当たり、一上響氏、長野哲平氏、西崎健司氏、大山慎介氏、関根敏隆氏から有益なコメントを頂いた。記して感謝の意を表したい。また、Q-JEMが現在の姿になるまでには、筆者ら以外にも多くのスタッフが開発・改良に関わっている。そのすべての方々に感謝したい。本稿のあり得べき誤りは筆者ら個人に帰する。なお、本稿の内容や意見は、筆者ら個人に属するものであり、日本銀行の公式見解を示すものではない。

  1. *1日本銀行調査統計局 E-mail : naohisa.hirakata@boj.or.jp
  2. *2日本銀行国際局 E-mail : kazutoshi.kan@boj.or.jp
  3. *3日本銀行調査統計局 E-mail : akihiro.kanafuji@boj.or.jp
  4. *4日本銀行調査統計局 E-mail : yousuke.kido@boj.or.jp
  5. *5日本銀行調査統計局 E-mail : yui.kishaba@boj.or.jp
  6. *6日本銀行調査統計局(現・名古屋支店) E-mail : tomonori.murakoshi@boj.or.jp
  7. *7日本銀行調査統計局 E-mail : takeshi.shinohara@boj.or.jp

日本銀行から

日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究者等の有識者から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の中で示された内容や意見は、日本銀行の公式見解を示すものではありません。
なお、ワーキングペーパーシリーズに対するご意見・ご質問や、掲載ファイルに関するお問い合わせは、執筆者までお寄せ下さい。
商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行情報サービス局(post.prd8@boj.or.jp)までご相談下さい。転載・複製を行う場合は、出所を明記して下さい。